News for the ‘REPORT’ Category

メリメロ×アンプティサッカー supported by ガラナ・アンタルチカ

12月23日(月)ジョモニスタ戸田で
「メリメロ×アンプティサッカー supported by ガラナ・アンタルチカ」を開催しました!
いつもイベントに参加してくれる方、Facebook、ブログを通じて新規で来てくれた方を含め、
総勢60名近くの方にご参加頂きました!

3ヶ月くらい前から計画をたて、コート予約に始まり、内容を詰め、色々な方々にご協力頂き、
無事開催することができました!

ということで、今回のメリメロは、アンプティサッカーの方々とコラボレーション!
*アンプティサッカー(主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーである。)

まずは、A〜Hの8チームに分け、チームごとに並び開会式!

IMG_7626

IMG_7497

いつも参加してくれる小学生が数名!なんだが大きくなってる!
しかも、前よりボールが蹴れるようになってるし、ドリブルも上手くなってるΣ(・□・;)
これも一つの楽しみでもある。

さーて試合の前には怪我をしないようにウォーミングアップからε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
アンプティサッカーのみなさんがいつも行なっているメニューを取り入れました。

IMG_3104

IMG_0786

さぁ、体も温まったところでごちゃ混ぜの試合スタート!

IMG_5538

IMG_9469

IMG_8166

続いてアンプティサッカー協会の方々にご協力頂き、体験会、トークショーを行いました!
体験会は、なかなかクラッチ(杖)でバランスをとるのが難しく、
みんなかなり苦戦していましたが、初めての経験ということもあり、真剣に楽しんでいました!

IMG_8816

IMG_0960

IMG_0419

IMG_0044

IMG_6690

トークショーでは、ゲストにアンプティサッカー日本代表のエンヒッキ・松茂良・ジアス選手。
歴史やルール、どういう経緯で関わるようになったかなどをお話頂きました。

IMG_4058

IMG_5298

そしてイベントの締めくくりは、今回の目玉の一つでもあるアンプティサッカーエキシビションマッチ!!
GK含め4vs4の5分ハーフの試合!

フィールドが3vs3だと広いように感じたが、クラッチ(杖)を使って走る姿をみると、
コートがそれほど広くないと感じさせるくらい一歩が早く遠くに移動できる。

IMG_8366

IMG_5602

IMG_0502

IMG_0031

IMG_2007

そこですごい光景が!
エンヒッキ・松茂良・ジアス選手(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3023)の強烈なシュート!
クラッチでしっかり支えての左足のシュート!
写真に収められなかったのが残念!
ぜひYouTubeでご覧下さい。。

今回も無事に、怪我なく、楽しくイベントを終えることができました!!
アンプティサッカー協会、選手の皆様、イベントを盛り上げてくださってありがとうございました!!
荒井商事様、ガラナ・アンタルチカのご協賛ありがとうございました!!
ジョモニスタ戸田の皆様、こちらの要望に快くご協力くださりありがとうございました!!
そしてご参加頂いた皆様、たくさんの笑顔をありがとうございました!!

IMG_9293

次回のイベントも是非楽しみにしていてください!
今後ともメリメロを宜しくお願い致します!

IMG_2871


Posted: 12月 31st, 2013
Categories: REPORT
Tags:
Comments: No Comments.

CPサッカー(脳性麻痺7人制サッカー)チーム「ASユナイテッド」のイベントに参加してきました!!!

こんにちは!
メリメロスタッフのミキです!!
先日12/1(日)、CPサッカーチーム『ASユナイテッド(以下AS)』のイベントにお招きいただき、メリメロメンバーで参加してきたのでそのお話をシェアしたいと思います♪

埼玉県で開催された「ASユナイテッド講習会&交流会」
湘南ベルマーレの下部組織である、湘南ベルマーレジュニアユース南足柄の中学生も参加し、午前中はスポーツマンシップに関する講義を受け、午後はサッカーやフットサルの試合を通して交流を深めました。

午前中の講義は広重と参加。
ここでメリメロをご紹介いただき、急遽広重が参加者の前でご挨拶することに。

ipp

そつなくこなす姿はさすがでした!笑

福士唯男先生が講師を務められ、スポーツと教育、引いては国力のお話まで、スポーツマンとしてどうあるべきか、その根幹を説いていただきました。
社会で必要とされる力は、スポーツでも求められる力と同じ。
だからスポーツをすること、スポーツマンであることで人間性を高めることができる。
そんなことを改めてロジカルに考える良い機会となりました。

中学生も真面目にメモメモ!
難しい内容でしたが、真剣に聞こうとする姿勢は見ていて気持ちよかったです。
一般参加者からも質問が飛び交い、とても内容の濃い講義でした。

講義後は埼玉県障害者交流センターに移動。
待ちに待った、お楽しみのサッカー交流の時間♪
ユニフォームやジャージに着替えた姿は、やはり講義とは様子が違って、皆イキイキして見えました。笑

交流会からは広重に変わり梶尾と参加。
何をするんだろう?とドキドキしながらグラウンドへ。

まずはウォーミングアップ!
AS相馬選手の指示に従い、全員で動的ストレッチ。
ASの皆さんは、体の麻痺の程度も人それぞれ。
アップ中に相馬選手より「足や手をあげたり、しゃがんだりするとき、それぞれどのような動きをしているか違いを見てみて下さい」との声が。
よくよく見渡してみると、本当に選手皆さんの可動域は人それぞれ。
参加者一人一人に、少しずつ小さな気づきが生まれた瞬間だった気かします。

アップが終わったらAS VSベルマーレ南足柄のトレーニングマッチ!

20131201ASイベント ② (800x455) - コピー

私たちはしばし観戦の時間。
お恥ずかしながら、CPサッカーを観戦するのははじめての事。
とても貴重な機会となりました。
観戦しながら、ベルマーレ南足柄の倉本和昌監督と少し雑談。
指導者の研修や講習等でAS代表の松村健一さんと頻繁に会うようになり、そのつながりで昨年からこのイベントを一緒に行うようになったとのこと。
「大会が終わった中学3年生の子どもたちには、もうサッカー付けの毎日ではなく、サッカーを通して何かを感じてもらう体験をしてほしい。選手にとっては良い機会、経験になっている」
と笑顔でお話されていたのが印象的でした。
ただプレーするだけではなく、脳性麻痺サッカーがある事を知り、相手をリスペクトし、同じピッチで試合をする事で感じられる事、そしてそこからでしか伝わらないものがあります。
15歳の彼らにとってそれがかけがえのない経験であるとともに、ASの選手たちにとっても、私たち参加者にとっても、とても貴重な場になっているのだなと感じました。

試合後、AS選手の皆さんは倉本さんのクリニックに参加、中学生・一般参加者・スタッフは、交流フットサルを楽しみました!
一人クリニックに参加できなかったASの男の子が一人、このエンジョイフットサルに参加。
最初は楽しいのかな?と不安になりましたが、試合後に「もう終わり?まだやりたい!」と一言。単純な言葉だけど、これがサッカーの全てですよね。
本当にサッカーが好きなんだなーと、ほっこり、嬉しい気持ちになりました。

そして閉会式。

20131201ASイベント③

20131201ASイベント ②

なんと!メリメロ宛のメッセージ色紙をいただいてしまいました!!!
ASの皆さんのお気持ちが、本当に本当に嬉しかったです。
お礼を言わなければいけないのはこちらなのに、、、
このいただいたお気持ちを、これからの活動の糧にしていきます。

ipp

20131201ASイベント⑥

ASの皆様は、メリメロのイベントに数多く参加して下さっている大切な常連さんであり、仲間です。
今回はそんなASの代表をされている松村さんよりご招待いただき、本当に貴重な経験の場、そして繋がりを作っていただきました。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
松村さん、そしてASユナイテッドの皆さま、本当にありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

「障がいの程度が違っても、同じピッチでサッカーしてるうちってすごいよ。」

と松村さんがおっしゃった一言。
本当に、この一言に尽きるなと思いました。
私たちもASの皆さんに負けないよう、

「障がいのあるなしに関わらず同じピッチでサッカーやフットサルを楽しめる空間」

をずっとずっと作り続けて行きたいと思っています。

そしてまたこうやって素敵な出会いが生まれ、みんなが繋がっていきますように。

さて、そんな想いの詰まったメリメロフットサルフェスタ、12/23(月祝)@ジョモニスタ戸田で開催いたします。
お申込はこちらから!
皆様のご来場お待ちしております^^

メリメロスタッフ:ミキ


Posted: 12月 3rd, 2013
Categories: REPORT
Tags:
Comments: No Comments.

メリメロフットサルイベントinラモスフィールド

メリメロスタッフの北村です!

10月5日(土)15時〜17時で東雲にあるラモスフィールドでメリメロのフットサルイベントを開催しました!
駅から降りて徒歩2分のところなのでとても便利!というか、駅降りたらすぐ見える!∑(゚Д゚)
しかも屋内なので雨でも問題なーし!コートはVIPルームで、冷暖房完備のトイレ、シャワー&更衣室付き!o(^▽^)o

まさかの朝からの雨!!
一ヶ月近く前からイベント準備を始め、万が一の雨に備えて屋内がいいよねという話になり、ラモスフィールドを確保!色々コートを調べたがその時点で、結構埋まってたから良かった!
雨にもかかわらず、30人近くの方々が参加してくれました!
子供から大人、男女、外国人、障害がある方!
ありがとうございます\(^o^)/

今回は荒井商事様よりガラナ・アンタルチカをご協賛頂きました!メリメロの活動に賛同頂き、ご協力していただくことになりました。
参加して頂いた皆様に1本づつ差し上げげました。
image

さぁ!始めましょう!ということで今回はまさやんことメリメロのパパがリーダーシップをとり、私北村とミキティが補佐役ということで進めていきました。
image

まずは、準備体操から始まり、
手繋ぎ鬼(鬼を3人決め、その鬼にタッチされた人は、鬼と手を繋ぎ、また別の人を捕まえに行く。最後には長蛇の鬼(笑)最後まで残った人の勝ち)

体が温まった所で、チームを3チームに分け、フットサル対決!
A-B、B-C、C-Aの順番で試合。
image
image
image
image

毎回参加していただいている方もいれば、今回初めて参加される方もいて少しづつではあるけれどメリメロが認知されているんだなと実感しました(^o^)

試合が一段落したところで、第1の企画伝言ゲーム!!(口の動きだけでお題を伝えていく)1チーム約8人。1列になり、後ろまで伝えていく!
最初のお題は「ボール」
とにかく1人1人が相手の口元に全神経を集中する!(◎_◎;)
もう一回!もう一回!
なんだかんだこのお題は、3チームとも正解!( ̄▽ ̄)
2問目!「アイフォンファイブ」
流石に難しいか?と思いながら、少し時間がかかりながらもなんとか。
「アイフォンまではわかったけど〜」
「かき氷!」
え、Σ(゚д゚lll)5文字やんヽ(´o`;(笑)なーんて笑いありの伝言ゲームでした。
image
image
image
image

そして、再び3チームでの熱い試合!今度は参加者全員に「耳栓」をしてもらってのフットサル対決!
声が聞こえないという中での試合は難しい!
声も出せない!
自分からゼスチャー、アイコンタクトをしてパスを受ける。
メリメロでの定番の体験企画の一つです!
今回は、ろう者フットサル女子日本代表山本監督、ろう者サッカー女子日本代表GK芹澤選手も参加していただきました。
image
image

第2の企画!「目隠しをしてのドリブル体験」
ブラインドサッカー体験。
image
image

目隠しをして、反対側にいるコーラー(声や、手を叩いてプレーヤーに教えてあげる人)に向かってのドリブル競争。
これがまた、難しいし、不安!
あれ?ボールどこいった?目隠しをしているから足で探るがわからない。コーラーの声に耳を澄ませ、なんとかボールにタッチしドリブル。
目隠しをしてのサッカー体験もメリメロの体験の定番の一つです!

怪我もなく、無事終了!
ご参加頂いた皆様ありがとうございました!

たくさんのつながりができるこのメリメロ、メリメロのメンバー、参加してくれる方々、賛同していただける企業様に感謝しております!
image

次回は、12月23日 12時30分〜16時30分 ジョモニスタ戸田で行います!
是非ともご参加下さい\(^o^)/


Posted: 10月 7th, 2013
Categories: REPORT
Tags:
Comments: No Comments.

7/21メリメロ×FooTNiK バリアフリーサッカー交流フェスタ@THE FooTNiK大崎店

メリメロスタッフの石川です!

昨晩の東アジアカップVS中国戦、みなさんは何処で観戦されましたか?

私たちメリメロは初の試みとして、

サッカー観戦を通して障害のあるなしに関わらず交流を深め、そして障害者サッカーについて知ってもらおう。

というコンセプトのもと、THE FooTNiK大崎店にてバリアフリーサッカー交流フェスタを開催いたしました!

試合開始前の時間を利用して障害者サッカーについてのトークショーを開催。
メリメロ参加者の皆様だけでなく、代表戦観戦の為にお店にいらしていたお客様も巻き込んでのイベントとなりました。

なんと私、僭越ながらMCを担当!笑
つたない進行はご愛嬌ということで・・・
次回もしチャンスがあれば、もう少し余裕を持ってお話したいと思います!笑

イベントは乾杯後、しばし歓談をはさみ、ブラインドサッカーについてのトークショーからスタート!
ブエンカンビオヨコハマというブラインドサッカーチームから、選手兼コーチの阿部さん、そして女性監督の知花さんにお越し頂きました。

阿部さん知花さん

歴史やルールを中心にブラインドサッカーについて語っていただき、なぜ視覚障害のないお二人がこんなにもブラインドサッカーに関わるようになったのか、そのキッカケや思いをお話しいただきました。

GKの助っ人として呼ばれた事。(阿部さん)
トレーナー実習で関わりがあった事。(知花さん)

それはきっと、誰にでも起こりえそうな些細なキッカケ。
そこからお二人ともチームに所属し、阿部さんは日本ブラインドサッカー協会の強化部にも席を置かれ、またサッカー経験のない女性である知花さんがブエンカンビオの監督を務めておられたりと、ブラインドサッカーの門戸の広さや多様性をひしひしと感じられるトーク内容でした。

今後にかける思いを語っていただくには少し時間が短かったかもしれませんが、ブラインドサッカーを通してフラットな世の中をつくっていきたいというお二人の熱い思いは、トークを聞いて下さった皆様の心にしっかり届いているはずです。

続いて脳性麻痺7人制サッカー(CPサッカー)についてのトークショー!
エスペランサというCPサッカーチームより、神さんにお越し頂きました。

神さん

一般のサッカーコート約半面ほどのピッチで、オフサイドルールはなく、7人制である事と、片麻痺選手がいるため、アンダースローインが認められている事以外は、FIFA(国際サッカー連盟)のルールに準じて行われているCPサッカー。

CPサッカーをご存知の方がどれだけいらっしゃるでしょうか?

お恥ずかしながら、実は私も試合を観戦した事はありません。
認知度が低い事が、活動の中で苦労されている点だそうです。

障害当事者である神さんは、一人でも多くの方にサッカーの楽しさを伝えたいという思いで、エスペランサ、そして日本脳性麻痺7人制サッカー協会の立ち上げから活動されてきました。
まだまだ動けるうちは、ご自身でもサッカーを楽しみながら、子ども達の育成にも力を注ぎたいと語る、キラキラした素敵な笑顔がとっても印象的。
短時間ではありましたが、その思いは会場中に伝わっていたと思います。

ブエンカンビオも、エスペランサも、興味のある方の受け入れを快くしてくださるということでしたので、是非HPやFacebook等を通してコンタクトをとってみて下さい。

トークショー後は交流、歓談をしながら待ちに待った日本代表戦!!

ipp

そこにはボールを蹴ることとはまた違った、人をつなげるサッカーの魅力がありました。

点が入って盛り上がる。
危ないシーンで肝を冷やす。
ナイスセーブに安堵する。
その瞬間瞬間を、近くにいる人たちと共有する。
そこには障害のあるなしに関わらず、ハイタッチや表情、ジェスチャーで交流する参加者皆様の姿がありました。

サッカーってスゴい。

このような素敵な機会を与えて下さった有限会社フットニックの皆様、美味しいお料理とあたたかなご協力、本当にありがとうございました。
募金箱設置にもご協力いただき、メリメロの活動費として「¥1,414」の募金を集める事もできました。
募金にご協力くださった皆様にも感謝申し上げます。ありがとうございました。

急なお願いにも関わらず、快くトークショー出演を引き受けて下さったお三方、そして手話通訳としてご協力くださった草野さん、皆様本当にありがとうございました。

そして遅い時間まで一緒に盛り上がって下さった参加者の皆様、ご来場ありがとうございました。
是非また他のイベントにもお越し頂ければ幸いです。

私自身、スタッフではありましたが、とっても楽しめました!
今回の良かった点や反省点を踏まえ、またこのようなイベントが開催できたらな・・・と思っております。

長くなりましたが、以上ご報告でした!
これからもメリメロをよろしくお願いいたします☆

〜今回のイベントについて〜
◆共催:有限会社フットニック
◆ご協力いただいた団体
日本アンプティサッカー協会
日本ブラインドサッカー協会
日本脳性麻痺7人制サッカー協会
日本ろう者サッカー協会
皆様ありがとうございました。


Posted: 7月 23rd, 2013
Categories: REPORT
Tags:
Comments: No Comments.

6月30日【melimelo×豪田ヨシオ部フットサルフェスタ】in豊洲テントドーム

メリメロスタッフのスマイリー北村です!
あ、前回ブログを書いたんですが自己紹介忘れてました。笑

北村 彰規(きたむら あきのり)
31歳 魚座のO型(変なところに神経質です)
サッカー(小4~現在東京都リーグ1部フエンテ東久留米に所属)
ポジション GK
そばアレルギー( ;´Д`)
足のサイズ28~29cm

6月30日に豊洲テントドームで【melimelo×豪田ヨシオ部フットサルフェスタ】が行われました! 自分がスタッフになって3回目のイベント! 今回は社会貢献を企業の広報活動につなげるサイト「豪田ヨシオ部」http://godabu.jp/とのコラボレーション企画。
日本脳性麻痺(CP)7人制サッカー協会、日本アンプティサッカー協会、日本ろう者サッカー協会、日本ブラインドサッカー協会の各団体から選手の方たちを派遣頂きました。 そして、大塚製薬様からはポカリスエット、東ハト様からはキャラメルコーンをご協賛頂きました。 ありがとうございました!

スタッフを含め100人を超える大イベントになりました!

まずは、チーム分け。 1チーム7~8人を12チーム作り、4チームを1グループに分ける。 そして、Aコート、Bコート、体験コートでグループごとに移動という流れ。
自分は、Bコートの審判という大事な役目! 外から見ていて、やはり最初の2試合はどのチームも様子見(笑)あの人はどんなプレーをするんだろうとチームでの探り合い( ̄▽ ̄) 慣れてきたところで、どんどんパスがつながるようになって、得点が生まれるとみんなが笑顔になる! そこで、自分が得点された方のチームをあおる!「1点取り替えしましょう┌(; ̄◇ ̄)┘」 負けじと団結して点を取り返しに行く! 楽しむ中でも負けたくないという気持ちは大事だなo(^▽^)o 気持ちがあれば、いいプレーにつながるし、また、次切り替えてみんなで頑張ろうよ!という気持ちになる!終わってからもさっきのプレーよかったよと話がつながる。

今回デフリンピックに出場の決まってる日本代表の選手が魅せる! アンプティの選手が場を盛り上げる! CPの選手がガッツ&粘り強さを見せる! 子どもたちも必死にボールを追いかける! まわりからも「いけー!\(^o^)あーおしい( ;´Д`)ガンバレー(≧∇≦)」と声がかかる! 自分も自然と声が出る!
なんかこの空気感というか一体感は心地いい(^O^)

image

image

さて、体験の方はというと、今回は、日本アンプティサッカー協会、日本ブラインドサッカー協会の方々にお願いさせて頂きました! ブラインドサッカーではアイマスクをして目を隠してのPK体験! コーラーという人たちがサポート役でゴールの位置を教えてあげる。 これがなかなかボールの位置をつかんで蹴るのが難しい! まずは、やってみることが大事!

image
アンプティサッカーでは、 クラッチ(杖)使ってのパス、シュート。 バランスをとるのに苦戦! アンプティの選手をみてみるとやはり腕が太い!相当なトレーニングを積んでいるんだな!

image

あっという間の3時間!! さて、お待ちかねの抽選会! ラッキーカードに名前を書いて各グループごとにA~Dの投票袋にカードを入れる。 A:アンプティサッカー、B:ブラインドサッカー、C:CPサッカー、D:デフサッカーについて発表をする! 発表者にはミニサッカーボールをプレゼント!!
さぁ!最初の発表者はだれだ!( ̄▽ ̄)
ん?なんか司会者の様子がおかしい。
司会者「北村くん笑」
自分「お、俺かい!?(; ̄O ̄)」 なんだかラッキー!笑 感想を述べさせて頂きましたm(_ _)m
じゃあ気を取り直してもう一度!
司会者「きたむらあきのりさん。いますか~?きたむらあきのりさん?」 あれ?またか? 司会者わかってない( ;´Д`)がーん
まさやん頼むよ~笑
と、まぁ奇跡の2回目。笑

そうそう!今回ボランティアスタッフの中に、夏休みの宿題として、中学生の女子4名が参加してくれました! これは、ほんと凄いことだと思う! 大人の中に混じるって勇気いるし、フットサルの経験もない中で、学ぼうとする姿勢は自分も見習わなきゃ! きっとたくさんのことを得てくれたんだと思います! だけど、「勉強になったなー。」だけでは終わらせて欲しくないなぁ。できたら、これからたくさんまわりに発信してほしいし、また、こういったイベントに参加してもらいたいな(^O^) 参加してくれてどうもありがとう!!

日本代表ろう者サッカー選手の皆さん!デフリンピックでのご活躍期待してます!

image

皆さんの笑顔がたくさん見れて良かったです!
最後に、参加していただいた皆さん、このブログを読んでいただいた皆さん! 是非、ご家族、友人、恋人、親戚、まわりの方々に是非話してください!知ってもらってください! そして、今後のイベントにも参加してみてください。
今後もいい意味でたくさんの人たちを巻き込んでいきたい!
宜しくお願いします!!

image

(左:デフフットサル日本女子代表 山本監督 右:アンプティサッカー日本代表主将川合選手)

 


Posted: 7月 9th, 2013
Categories: REPORT
Tags:
Comments: No Comments.