【REPORT】第4回メリメロフットサルフェスタ

 

2013.3.17(SUN)に
第4回メリメロフットサルフェスタが
東久留米にある東久留米市スポーツセンターにて開催されました!!

本日はトータル35名ぐらいの方々に

ご参加いただき今回も大盛況♪

今回は体験コーナーに力を入れることにして
CP(脳性麻痺)チームのエスペランサさん、ASユナイテッドさん
アンプティサッカー協会(上下肢切断) の皆様のご協力を得て
これまでとは一味違うフットサルフェスタにしてみました☆

また、障がい者フットサルについての理解を深めていただくために
アンプティ、CP、DEAF(聴覚障がい)のフットサルのルール概要や
現状の環境などについての説明会も実施しました。

普段関わることが少ない世界だけに
知らないことばかりの内容で大変勉強になりました。
理解を深めていただく為にもこのような場も少しでも
取り入れていくことも大切だなと感じました。さて、実際の流れですが
ストレッチやアップをした後に
アップではしっぽ取りゲーム(健常者は片足ケンケン)
これが意外と疲れる(笑)

続いて 体験会

アンプティ体験では、杖を使って走ったり、パス、シュートの練習。
慣れるまでが難しいが、慣れてくるとだんだん楽しくなってきました♪

ただ調子に乗って長時間続けるとかなり疲れます。。。
自分は調子にのってやり過ぎたので上半身に既に筋肉痛の兆候出てます(笑)
ブラインド体験では、アイマスクをしてパスやドリブル。

毎回思いますが、お互いに声を掛け合わなければ出来ないので
ブラインドの体験をやるとチームの雰囲気がより良くなる気がします☆

ただ実際に体験してみると、これまた毎回思いますが難しい(笑)
なんとなくボールが向かってくるのは分かるんですが
タイミングが難しい。。。ドリブルも一度見失うと声でのサポートが
あっても、なかなかボールに辿り着けずと(笑)

いつかカッコよく決めれるようになりたいもんです^^

CP体験では、凍りオニをベースにしたゲーム。
ルールを簡単に説明すると、以下のような感じ。
 ①オニにタッチされると動けなくなる
 ②動けなくなった人は味方からボールを受取ることが出来れば解除される。
 ③味方にパスを出す時にはアンダースローでパスを出す
 ④ボールを持っている人はオニにタッチされない
このゲームは、マークを引離しパスを受けるという基本的な動作を
ゲーム感覚で学ぶことが出来るいい練習のような気がする。

しかも、結構疲れるのでアップに取り入れてみるのもいかと思いました^^

そして最後は恒例のフットサルのゲーム。

今回は、

 DEAF体験用に耳栓
 アンプティ体験用に杖
そして、ブラインド体験用に 水中メガネ の
 3アイテムを用意。

各チームに体験者を含むメンバー構成でゲームをしてもらいました。

耳栓、杖は過去にも採用していたアイテムでしたが
水中メガネは今回初採用のアイテム。
水中メガネをしてプレーすると視野がかなり制限されるため
プレーしにくいことしにくこと。。。

視野が狭くなることでの自分に与える影響。

百聞は一見にしかず。
理解するためには、やはり体験してみるということが

大切なんだと改めて実感しました。

そして最後に集合写真。
参加者の皆様の笑顔を見れると開催して良かったなぁ
って毎回思います☆
障がいのあるなしに関わらずサッカーを楽しもう!!
というコンセプトにスタートしたメリメロ。

設立から約一年が経過しようとしております。

まだまだな点は多数ございますが、社会にいい変化をもたらすため
引続き活動していきますので、応援よろしくお願い致します!!